財団のご案内

趣旨と目的

設立趣意書

我が国は、現在、高度情報化、高齢化、成熟化、国際化等の流れの中で、21世紀に向けて大きな転換期を迎えていますが、これに伴い国民生活における最も基本的な社会資本である道路についても、更に安全、円滑かつ快適な交通が求められるとともに、単なる交通機能ばかりでなく、公共公益物件の収容空間あるいは情報伝達路としての機能が求められるなど、豊かな生活の実現、社会、経済の活性化を達成するため一層多様かつ高度な役割を果たすことが期待されている状況にあります。
このような状況の中で、多様化、高度化する国民の需要に的確に応えるためには、道路を活動の場として、あるいは手段として利用している個々の民間の経済活動を新たに道路の機能の活性化という観点のもとに連携させていくとともに、これらの活力を活用して新たな需要に適時かつ効率的に対応できる体制づくりを進めることが必要となります。
このような要請に応え、関係諸法人からの資金の拠出をもって、道路に関連する新しい産業分野について調査研究するとともにその育成を図る事業等を行う財団法人道路新産業開発機構を設立し、もって道路機能の健全な発展及び道路整備の拡充に貢献することにより、国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与しようとするものであります。
名 称 一般財団法人 道路新産業開発機構
代表理事 会 長 佐々木 眞一
理事長 朝倉 康夫
所在地 〒112-0014
東京都文京区関口1丁目23番6号 プラザ江戸川橋ビル2階 MAP
TEL:03-5843-2911
設立年月日
一般法人移行日
1984(昭和59)年7月2日
2013(平成25)年4月1日
目 的 当機構は、道路に関連する新しい産業分野について調査研究を行うとともにその開発プログラムを策定すること等により、道路機能の健全な発展と拡充に貢献し、もって国民経済の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。
事業内容 当機構は、上記の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 道路に関連する新しい産業分野についての調査研究
  2. 道路に関連する新しい産業の開発プログラムの策定
  3. 道路に関連する新しい産業の開発についての関係機関との連絡及び調整並びに広報
  4. 前各号に関連する委託された業務の執行
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
▲ページの先頭へ