HIDO

財団のご案内

業務概要

Ⅰ.HIDOのミッション

  1. HIDOのミッション
    組織の目的である「道路に関連する新しい産業の実現」に向け、新たな価値を生み出し、社会に提供する。
  2. 具体的な内容
    1. 道路の有するリソース(情報、空間等)と民間の有する技術・ノウハウ(通信技術、データ処理技術、都市開発ノウハウ等)とを結び付け新たな価値を生み出す。
    2. 新たな価値を社会へ提供するための枠組み(ビジネスモデル)を構築する。
    3. 必要となる仕様の標準化/共通化を進める。

Ⅱ.HIDOの特徴

  1. 組織の性格
    1. 多様な業種にまたがる有力企業によって支えられている。
    2. 財団法人としての中立性を有している。
  2. 調査研究能力
    1. 情報ハイウェイやETCなど、新産業創出や官民連携の実績・ノウハウを有している。
    2. 多様な人材(建設・都市開発 /電気・通信/自動車/企画、民間/行政経験)を有している。
    3. 自主研究調査と受託調査双方の実績を有し、活用できる。

Ⅲ.活動の基本方針

  1. 新しい価値を生み出す実験的・先進的な調査研究に重点
    • 多様な分野の専門家の活用
    • 自主研究と受託研究との有機的連携
    • 産学官や企業間の連携・調整の支援
  2. ビジネスモデルの構築/仕様の標準化等により成果を具体化
    • 新たな価値を社会へ提供するための枠組み(ビジネスモデル)の構築
    • 必要となる仕様の標準化・共通化の推進
  3. インフラ分野での国際競争激化を踏まえ、国際対応を強化
    • 海外情報の収集・分析
    • 我が国の技術の国際標準化の支援
  4. 会員向けサービスを充実
    • 賛助会員企業の皆様のご意見・ご要望等の財団運営への反映
    • 各種講演会、調査研究発表会、ITSセミナー等の充実
    • 現地視察等の開催

Ⅳ.事業概要

  1. 道路機能の発展に関する調査研究
    1. 近未来の車・道路と関連産業に関する調査研究
    2. 公共空間としての道路の利活用の拡大に関する調査研究
    3. 都市再生に資する道路整備のあり方に関する検討
    4. 自動運転・アーバンモビリティ等に関する調査研究
  2. 道路に関する新事業分野の調査研究・開発及び普及促進
    1. ITSの推進に関する調査研究
    2. 新しいITSサービス実現を目指した道路に関する新事業分野の開発等
    3. ITSの普及促進に関する事業
    4. 大学との共同研究
  3. 公益に資する広報活動
  4. 受託調査
    1. 「ITを活用してインフラを賢く使う」分野
    2. 「都市・地域を再生する」分野
    3. 国際標準、技術仕様の策定等
  5. 特殊車両通行確認制度の運用
    詳細は特車登録センターのサイトをご覧ください、
趣旨と目的
情報公開(名簿・事業計画等)
組織
業務概要
所在地
賛助会員


TOP